本文へスキップ



方針

お子様方の可能性を最大限に伸ばして、第一志望校へ合格させることです。


塾長紹介

はじめまして。
若葉の森学習塾 塾長の間武です。
この仕事をはじめまして、十七年になります。
その間、私は、お子様方から、たくさんのことを教えてもらいました。その時、その時を一生懸命に共に過ごさせていただいたおかげで今でも卒塾生達の名前、性格などは鮮明に覚えています。まだ若き彼らが不安と疲労を抱え、それでも夢にぶつかっていく姿は感動的であり、それは微力な私をいつも奮い立たせてくれました。私にとっては、人生の宝であり、かげがえのない財産です。
「若葉の森学習塾」の名前の由来は、保護者の方々が大切に育てられた若き新芽の成長を、少しでも手助けできればということからです。
たくさん褒めることは若葉にとって、太陽や水であり、難しい課題は、自然の寒さや日照りに耐えていくための試練だと思っております。
これからも、初心を忘れることなく、日々精進して参りたいと考えております。

あなたに吹く風よ
あなたに咲く花よ
あなたと追いかけた明日よ
また会いたくて
いとしき日々よ
いま歩きだそう

「いとしき日々よ」平井堅



以下は、今年の3年生へ渡した手紙です。

202138

 

3生のみんなへ

 

みんなには、早く寝るように言っていたのに、なんだか夜、眠れなくてみんなへ手紙を書くことにしました。週休0日で、毎日、学校に塾に本当にお疲れ様でした。まずは、ここまで支えて下さったご家族の方々、学校の先生方に感謝してください。 休まずがんばってきたみんなを、1人の人間として尊敬しています。11月の学校の最後の三者面談から明日、明後日の公立入試までは、本当にあっという間でした。数年後、この期間を思い出そうとしても、しっかりと思い出せないくらいあっという間でした。しかも、その間に私立入試、公立推薦、最後の実力テストそして最後の統一模試、最終倍率など・・、君たちが今まで経験したことがない高い壁が次々に目の前に現れたことでしょう。その壁に、足がすくんでしまったこともあったと思います。泣いて逃げ出したくなったこともあったでしょう。具体的には、模試や私立入試で思うような結果がでなかったり、志望校の変更を考えたり、自分より学力が低いと思っていた生徒が推薦で合格したのに、どうして自分が・・。このような壁が次々と襲ってきたはずです。そんな時に、思ってほしいことがありました。それは、結果は俺の責任だということです。君たちの結果は全て塾の責任、つまり俺の責任だということです。君たちは何も悪くないのです。では、君たちは、何をすればよかったのか?それは、何度も何度も襲ってくる壁に立ち向かうことでした。勉強することでした。これだけは、俺が代わってあげることができないからです。とにかく勉強することでした。そして、それを実践してきたのです。 では、なぜ勉強するのか?わかりますか? 高校に合格するため!とみんなは答えると思います。もちろん、それも答えです。でも、正確には違います。答えは、目標に向かってがんばる経験をするためです。もちろん、スポーツでも経験できますが、今は受験勉強だということです。休みたい、スマホを見たい、YouTubeを見たい、オンラインゲームしたい・・・気持ちは分かります。でも欲を捨て、己に克ってきたのです。社会にでたら、教科書はありません。でも、がんばっている姿は、誰かの目に必ずとまります。そして、がんばっている人は、誰かが必ず助けてくれます。なぜなら、人ががんばる姿は、尊く美しいからです。オリンピックを見て感動するのも、メダルに向かってがんばる姿が美しいからです。受験勉強を通して、君たちは、その練習をしてきたのです。だから、1人で入試に挑んでいると思わないでください。俺も学校の先生方もご家庭の方々も、君たちと一緒に明日、明後日闘います。君たちは1人じゃない。俺たちがついてるから。最後の1秒まで力を出し尽くしてください。

AM135   眠れないおっさんより

                         
                              

197323日福岡県嘉穂郡稲築町生誕

19913  福岡県立戸畑高校卒業

19953月 鹿児島大学工学部卒業

200410月 麻生ラファージュセメント株式会社退職

20053月 若葉の森学習塾設立

201311月鹿児島市和田町から鹿児島市谷山中央5丁目に移転










バナースペース